めとまワールド、2021年4月1日本格始動。 (本格始動前は不定期更新)

    犯罪

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: すらいむ ★ 2018/08/03(金) 18:10:49.67 ID:CAP_USER9
    一審破棄でも同じ「無期懲役」 栃木・女児殺害で異例判決

     13年前の12月、栃木県の旧今市市で、当時小学1年生だった吉田有希ちゃんが、下校途中に連れ去られ殺害された事件。
     この事件で殺人などの罪に問われ、一審で無期懲役の判決を受けた勝又拓哉被告(36)への控訴審判決が、3日、東京高裁で言い渡された。
     裁判長は、まず裁判員裁判で行われた一審判決を破棄。
     そのうえで、一審と同じ無期懲役を言い渡した。
     判決の瞬間、勝又被告は少し驚いた様子で、裁判長をじっと見つめていた。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    FNN PRIME 2018年8月3日 金曜 午後6:02
    https://www.fnn.jp/posts/00397900CX

    関連スレ
    栃木県女児殺害 東京高裁が再び無期懲役判決 <2018/08/03 10:33>
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1533260105/

    2: 名無しさん@1周年 2018/08/03(金) 18:11:56.54 ID:SEh/c2sK0
    ごめん、意味解らない、どういう事?

    19: 名無しさん@1周年 2018/08/03(金) 18:19:06.31 ID:KNneD0V50
    >>2 違法な取り調べを証拠としてした一審の無期懲役の判決を破棄、被告人はよっしゃーと思いきや改めて別の証拠で審議した結果新ためて無期懲役の判決、被告人はえっ?って感じ

    4: 名無しさん@1周年 2018/08/03(金) 18:12:44.60 ID:ocF+E0cw0
    驚きってどっちの意味で?

    引用元: 【栃木・女児殺害】被告も驚きの異例判決 一審破棄でも同じ「無期懲役」―東京高裁 

    ⇒【栃木・女児殺害】被告も驚きの異例判決 一審破棄でも同じ「無期懲役」の続きはこちら!

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: たんぽぽ ★ 2018/06/06(水) 18:30:38.83 ID:CAP_USER9
    https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201806/0011329725.shtml

     交際相手の女子高校生にスマートフォンの無料通信アプリ「LINE(ライン)」で「殺すぞ」などとメッセージを送ったとして、兵庫県警加古川署は6日、加古川市に住むアルバイトの少年(17)を脅迫の疑いで逮捕した。同署の調べに、「(デートに)寝坊した彼女に腹が立った」などと容疑を認めているという。

     逮捕容疑は5日午後1時50分ごろ、交際相手の女子高校生(17)に「お前ほんま殺すぞ」などと3回にわたってメッセージを送り、脅迫した疑い。

     同署によると、2人は昨年10月ごろから交際。少年はこの日、女子高生とデートの約束をしていたが連絡がつかず、午前11時ごろ女子高生宅を訪れたが、出てこなかった。少年は自宅に戻り、メッセージを送ったという。同日、女子高生は母親とともに同署を訪れ、被害届を出した。

    2: 名無しさん@1周年 2018/06/06(水) 18:32:06.51 ID:fXXeDKe40
    スマートな別れ方やな

    186: 名無しさん@1周年 2018/06/06(水) 19:49:46.76 ID:0VI88EeO0
    >>2
    ストーカーになる

    5: 名無しさん@1周年 2018/06/06(水) 18:32:54.92 ID:MhAvFVhy0
    ほんとに交際相手か?
    わざわざ訴えられるなんてロクな関係じゃなかったんだろうな

    6: 名無しさん@1周年 2018/06/06(水) 18:33:04.84 ID:RaOI8lUs0
    あの辺の連中は本気だからヤバい
    警察も動くのが早い

    67: 名無しさん@1周年 2018/06/06(水) 18:51:29.42 ID:jSTm2Fg00
    >>6
    なんだおまえw

    引用元: ・【兵庫】寝坊に立腹、交際相手の女子高校生にLINEで「殺 すぞ」脅迫容疑で少年逮捕

    ⇒【兵庫】寝坊に立腹、交際相手の女子高校生にLINEで脅迫した容疑で少年逮捕 の続きはこちら!

    このページのトップヘ